ノートVSデスクトップ!価格や機能性で選ぶには!?

持ち運びに便利なノート

ノートパソコンとデスクトップパソコンのどちらを選ぶべきかについて説明します。まずはノートパソコンの特長です。
ノートパソコンの一番大きな特徴として持ち運べるということがあります。どこでも使えるので利用時間は増えます。買うのであれば多く利用するもののほうがよいかもしれません。値段も比較的安い場合が多く、中には2万円台のものもあります。そのためパソコン初心者には圧倒的にノートパソコンをお勧めします。最近ではウェブカメラやタッチパネルを搭載したものもあり、操作性が向上しています。bluetoothやwifiなどの無線関係も充実しています。そのため生活により溶け込んで活躍するのはノートパソコンでしょう。

高性能なデスクトップパソコン

デスクトップパソコンは上級者向けで、性能の高いものが多いです。
cpuやメモリ、ハードディスクなども高性能なものが使われている場合が多いです。また、本体とディスプレイが分離しているものでは画面を選べるため、好きなサイズにすることができます。大きなものを使い、作業の効率を上げることができます。マルチディスプレイで画面ごとに役割を分担することも可能です。気軽に分解することができ、ハードディスクを大容量のものに変えたり、メモリやグラフィックボードを後から増設することも可能です。バッテリーの劣化もなく、修理も楽なので長期間使うことができます。
このようにノートパソコンにもデスクトップパソコンにもそれぞれメリットがあります。自分に合ったものを選びましょう。